物流センター

実例紹介:急な対応、スポット対応も可能な検証サービスを利用したい

2018.08.10

【困っている内容】

急にキャンペーンが決まり、急いで商品を仕入れたはいいが一時保管場所が無く、販売日が迫っており、
  動作チェックもする時間が無いので、初期不良品との切り分けができない。
  また海外から届くためコンテナごと入庫したい。


【ニーズ】

●短期間で検証を行ってほしい
●全品動作チェックを行い、不良品と切り分けたい
●販売日まで一時保管をしてほしい
●直接入庫、コンテナ入庫したい

 

【解決メニューフロー】

 

【解決された課題】
商品を仕入れてから直接物流センターにコンテナごと入庫・検品し、その後検証作業へ移行。
拡張自在なセンター体制を活かし一次的に検証人数を増やし短期間での対応を可能とした。

 

【ポイント】
●物流機能が備わっているため直接入庫・検品・保管が可能である
●検証センターが併設している為、入庫~作業終了まで一元管理できる。
●拡張自在なセンターの為スポット、短納期に柔軟に対応できる。
 

ご相談はお気軽にお問い合わせください

TEL:0120-039-564

メールでのお問い合わせ

クリックしても別ウィンドウが表示されない場合はinfo@sanku.jpをご利用下さい。お問合せは、「アウトソーシング部」がお受けいたします。お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル0120-445-039までお気軽にお問い合わせ下さい。

一覧に戻る


pagetop