物流センター

実例紹介:PCリース会社 回収・データ消去・廃棄センター活用

2019.05.14

【困っている内容】

 

PCのリース先が増え、期間終了となったリースアップ品の回収や付随するデータ消去の
サービスが人員不足により遅れがちになっている。今後さらに営業をかけていくので
回収から廃棄までの体制を整えたいと思っているのでアウトソーシング化を検討している。

 

【ニーズ】

 

●PCのデータ消去を行ってほしい
●回収体制を構築したい
●回収後、機器の廃棄処分を行いマニフェストを発行してほしい

 

【体制フロー】

 

 

【サンクネットが活用された理由】

 

■データ消去・回収・廃棄のサイクルが可能である
■マニフェスト発行が可能

 

【解決された課題】

 

現在の運用を元に顧客のデータ情報を管理し、リースアップの日付から回収・廃棄のプロセスを
提案・実施した。またデータ消去が発生した場合は併設のテクニカル物流サービスにて対応し、
一連の流れを可能とした。また廃棄後のマニフェストも発行できるためすべての作業が実現し、
体制が整えることができた。

 

【ポイント】

 

●顧客データ管理から対応
●データ消去・回収・廃棄のサイクル体制構築が可能
●マニフェストを発行できる

ご相談はお気軽にお問い合わせください

TEL:0120-039-564

メールでのお問い合わせ

クリックしても別ウィンドウが表示されない場合はinfo@sanku.jpをご利用下さい。お問合せは、「アウトソーシング部」がお受けいたします。お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル0120-445-039までお気軽にお問い合わせ下さい。

一覧に戻る


pagetop