物流センター

実例紹介:輸入雑貨 海外からの一次入庫・検品・個別配送請負

2017.02.02

【困っている内容】

 

海外からの輸入雑貨を仕入れ、各店舗に一斉配送したいが、自社倉庫を持っておらず直接
コンテナによる入庫を行える物流センターを探している。また入庫後はすぐに検品を行い
各店舗へ一斉出庫してしまうので一次受け配送センターとして利用できるところを探している。

 

【ニーズ】

 

●コンテナ入庫が出来る所を探している
●入庫後すぐに個数検品を行ってほしい
●一次受け後すぐ配送してしまうので短期間での利用ができる所を探している

 

【体制フロー】

 

 

【サンクネットが活用された理由】

 

■コンテナ入庫が可能である
■短期・スポットの対応が可能である
■作業体制が柔軟である

 

【解決された課題】

 

商品を仕入れてから直接物流センターにコンテナごと入庫しその後、検品作業へ移行。検品時
に不足や不良品を確認し報告することで店舗配送前に未然に防ぐことができた。また検品後に
すぐに一斉出荷する為、保管費用がかからず一次受けセンターとして運用できる体制の為コス
ト削減にもつながった。

 

【ポイント】

 

●コンテナ入庫・検品・一斉配送が可能である
●拡張自在なセンターの為、スポット対応に柔軟に対応できる。

ご相談はお気軽にお問い合わせください

TEL:0120-039-564

メールでのお問い合わせ

クリックしても別ウィンドウが表示されない場合はinfo@sanku.jpをご利用下さい。お問合せは、「アウトソーシング部」がお受けいたします。お電話でのお問い合わせはフリーダイヤル0120-445-039までお気軽にお問い合わせ下さい。

一覧に戻る


pagetop